Unity ReleaseNotes 勝手翻訳

Unity のパッチリリースの内容を勝手に翻訳するブログです。

2017.2.0p3

2017.2.0p3

公開日

  • 2017/11/27 (Mon)

ダウンロード

改善

  • Android: gradle でのリリースビルドでは Proguard をデフォルトで有効にしません。
  • Android: gradle でのリリースビルドではビルドを失敗させずデバッグキーで署名します。
  • GI: プログレッシブ Lightmapper ための様々なライトマップシームステッチを改善しました。
  • IL2CPP: macOS でインクリメンタルビルドのパフォーマンスを改善しました。
  • Playables: Playable API のドキュメントを更新しました。
  • Playables: オプショナルな重みパラメータを利用するように Playable.ConnectInput を更新しました。

修正

  • (934841) - Android: 入力フィールドをアクティブにした後、Android のビデオプレイヤーが遅れる問題を修正しました。
  • (931038) - Android: Android のビデオプレーヤーの吃音とドロップフレームを修正しました。
  • (942625) - Android: シンボルファイルを含まない symbols.zip を修正しました。
  • (951350) - Collab: プロジェクトマニフェストが Unity Collabolationsで追跡されない問題を修正しました。
  • (957525) - Editor: シーンビュー内のゲームオブジェクト階層の構成が間違っていた問題を修正しました。
  • (953301) - Editor: 中心点と構成を計算する際に、SceneView での境界計算が複数のコライダとレンダラを考慮していない問題を修正しました。
  • (947024) - Editor: カーブウィンドウが他のウィンドウに埋め込まれた際のカーブ WrapModeIcon の描画を修正しました。
  • (943051) - Editor: SceneView で時々最上位のオブジェクトを選択しない問題を修正しました。
  • (935149) - GI: メタのための MaterialPropertyBlock がリアルタイム GI を伴う Terrain のメッシュ利用に使われるのを修正しました。
  • (929875) - GI: 複数のライトが選択されている場合に、インスペクタが正しくライトモードを表示するように UI を修正しました。
  • (851817) - GI: プレハブで使用中の Speedtree アセットファイルをプロジェクトフォルダから削除するときのクラッシュを修正しました。
  • (930221) - GI: 陰の準備ジョブが実行されていない時の陰を修正しました。
  • (950907) - Graphics: 異なるサイズのレンダーターゲットと複数のカメラを使用するときの DirectX11 や DirectX12 での潜在的なハングを修正しました。
  • (954828) - Graphics: エディタのシーンのカメラと一致しないプロジェクターのカリングを修正しました。
  • (840098) - Graphics: カメラ設定の平面に近い Umbra オクルージョンカリングの計算間違いを修正しました。
  • (956877) - Graphics: "Dynamic Occluded" プロパティが無効化されている MeshRenderer が錐台カリングされない問題を修正しました。
  • (952043) - IL2CPP: 最新のスクリプトランタイムを使用して Socket.GetSocketOption を呼び出すときのクラッシュを修正しました。
  • (943671) - IL2CPP: .NET 4.6 で Socket.LocalEndPoint にアクセスしたときに ArgumentException が発生する問題が修正されました。
  • (966623) - IL2CPP: シャットダウン時のスレッドプール内のクラッシュを修正しました。
  • (966830) - iOS: マニュアル署名モードの時に Xcode プロジェクトに Development Team ID が書き込まれない問題を修正しました。
  • (963865) - OSX: Intel 6XXX シリーズ GPU を持つ High Sierra で GLCore を使用する場合のエディタのクラッシュを修正しました。
  • (957044) - Physics: アニメーションにより Collider2D が無効化されるときのクラッシュを修正しました。
  • (960530) - Physics: Physics2D 接点が再生成されたときに、以前無視されていたコリジョンが無視されない問題を修正しました。
  • (960775) - Prefabs: 1つのプロパティに対する SerializedProperty.prefabOverride のリセットが、幾つかの状況で誤って他のプロパティをリセットする可能性がある問題を修正しました。
  • (None) - Shaders: 単一のシェーダコンパイラプロセスでインクルードキャッシュのみがクリアされ、残りのすべてのプロセスはキャッシュに古いインクルードファイルが残されるようシェーダインクルードファイルのインポートを修正しました。
  • (944334) - Graphics: 一部のユーザーシェーダでのキーワードが、スタンドアロン向けにビルドするときにコンパイルエラーにつながる不正な取り扱いになっていた問題を修正しました。
  • (951036) - UWP: 問題を修正 ComputeBuffer.SetData()ComputeBuffer.GetData() が、.NET スクリプトのバックエンドで実行されている場合に、空の結果が返され、配列型はが任意のパラメータから参照されていない問題を修正しました。
  • (None) - Video: コールバックが保留中の場合に VideoPlayer を停止するとクラッシュする問題を修正しました。
  • (None) - VR: Windows Mixed Reality で複眼オフセットが正しくない問題を修正しました。
  • (910488) - WWW: UWP の UnityWebRequest でローカルファイルの読み込みが動作しない問題を修正しました。
  • (949418) - WWW: NullReferenceException の throw に関連する WWW クラスのレグレッションを修正しました。
  • (None) - XR: アプリ実行中に再設定された場合、Windows Mixed Reality アプリケーションが境界の更新を通知しない問題を修正しました。

既知の問題

  • (971024) - Editor: ピボットが中央モードのとき、Canvas のフォーカスが子要素のフォーカスになる。
  • (971895) - Editor: UI 要素の中央ピボットポイントに一貫性がない。